ROCK'N'ROLL
FC2カウンター

プロフィール

E'

Author:E'
FC2ブログへようこそ!

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

shinobi.jp

アクセスカウンタ

ブロとも一覧

アクセス解析

FC2アクセス解析

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堀江さんは大前研一が嫌いではないと言ってましたよ

dankogaiの大前研一氏のコラムへの反論が面白い。iPhone関連。


他はいい事書くのに勿体ないね


元は週間ポストに掲載された大前研一の記事から。


スマートフォンは現在、アップルが圧倒的に優位だが不安要素もある。スティーブ・ジョブズ本人である。彼はアップルをハードの会社、メーカーであり、製品つくりで成功したと考えていること。


iPod、iTunesが成功したのは iTtunes Storeというプラットフォームを押さえたから。つまり顧客の財布、決済の手段とハードをリンクする。


しかし最近は各メーカーが性能のいいスマートフォンを出してきている。iPhoneはSIMカードをロックしているが中国製のiPhoneのパクリ品はSIMフリー。この覇権主義が命取りになると。


大前研一はマイクロソフトの弱点をOSの秘密主義と言っていましたがアップルはSIMロック。近い発想とも言えます。


dankogai氏は株価から見てマーケットはアップルを評価しているというもの。大前さんはGoogleは強いというが株価は低迷している。堀江さんはこれを支持。


堀江さんのブログではニッポン放送買収の時に大前さんに批判されたことに反論してます。いまさらですが。


大前さんはプラットフォームはコンテンツプロバイダーとは等距離であるべきと言っていました。特定の放送局に接近するべきではないと。


堀江さんがやりたかったのはテレビ局のビジネスモデルを広告収入だけでない個人に課金するものに変えたかった。


アップルはそれができているから強い。


ここでの論点はアップル支持=dankogai、堀江 vs Google支持=大前ということになります。


まだ結論は出ていませんが私なりに解釈してみました。いかがでしょうか。



そうそう、サイン会で堀江さんに「大前研一嫌いですか?」って聞いたら「そんなことないですよ。BBTで講義したこともありますよ」って言ってました。



スポンサーサイト
世界で学力がトップの国はここ。
大前研一解説「世界学力調査」日本は?(OECDの学習到達度調査の結果)


文部科学省の寝言はどうでもいい。日本が上がった下がったなんて誤差の範囲。

トータルでトップなのが上海。大前さんが言うには浙江省、江蘇省も優秀。

思いっきりストレスをかけて勉強させてるのは中国、韓国。フィンランドは正反対で思いっきりゆとり。香港、シンガポールも常に上位にいます。

ここでは言ってないことですが韓国の優位性はあまり続かないと思います。日本以上の少子化だから。

子供が少ないところで親が厳しい生存競争はさせないと思う。韓国企業は財閥系がほとんどで海外で利益を出しているから国内で人材がいなければ採用しないし海外で人材を探すだけ。

少子化を止めるためには移民しかないと思いますが移民を受け入れてるアメリカやオーストラリアは上位に出てきません。

韓国の場合、移民を受け入れると言うとまず北から来るでしょ?冗談はよせと。だったら上海から採用する。

この前、中国の中学生の授業をテレビで見たら全部英語でやってるんです。日本人のレポーターが行ってスピーチをやらされてビビッてました。

マジで日本国内で仕事がなくなったら上海に出稼ぎに行かなくてはならなくなるかも知れません。でも英語で中国人の子供に負けるかも。



TABLE FOR TWO
先進国が財政赤字時代の途上国支援 大前研一解説


GDPの0.7%をODAに向けようという合意が実行できているのが22ヶ国中5カ国。ベネルクスと北欧のみ。

イギリスは支出額で日本より少ない。メルケルやサルコジの名前が出ていますが支出総額ではドイツ、フランスより日本の方が多い。

大前さんはメルケルをいつも推しますが何でもドイツが進んでいるというわけではありません。

ここで出てくるTABLE FOR TWOというのは日本でできたものなんですね。いい例として挙げるなら浅尾慶一郎さんや藤沢久美さん、松田公太さんの名前も挙げて欲しかったです。


大前研一の発信を丸ごと読める唯一の会員制月刊情報誌!大前研一通信


モラトリアム法はモラルハザード
中小企業支援 金融庁が金融円滑化法を1年延長


以前から大前研一は国が企業を甘やかして強くなったところはないと言い切ってます。強者の論理だと批判されますが80年代から論調は変わっていません。

破綻しているJALを無理して延命させて無駄な税金を使うよりはGMみたいに一度破産させて資産も売却させた方がいいと。

金融担当大臣は毎年変わっていますが法案を一度通すと途中で方針を変更できず誰も責任を取らない。国家の借金だけ増えていくというのは勘弁して欲しいです。


朝鮮半島情勢 中国は北朝鮮側につかないことをアメリカに確約


アメリカが韓国との合同軍事演習に踏み切ったのは中国から北朝鮮につかないというメッセージを受け取ったから。

戦争になっても短期間で終わるといいますが以前の大前さんの発言も気になります。北朝鮮が公の場で余計なことを言わないかと

中国のことだから金正日以下、過去のことをバラして都合の悪いことを言いそうな連中は先に抹殺する準備をしていそうです。

アメリカにメッセージを送った時点でゴルゴ13を送り込んでいてゴーサインを出せば即消せる準備が整ってるのかも。

後半のサラ・ペイリンはちょっと困ります。北朝鮮と韓国を間違えてロシアの場所を知らないってジョージ・ブッシュよりひどいんじゃないですか?

下院では負けてますがオバマの方がまだマシでしょう。




週間ポスト 12/10 孫正義が熱弁90分 「日本には国民総人事異動が必要だ」

週間ポストで孫さんにインタビューしている記事がありました。

IT企業についてのコメントで「ホリエモン事件をきっかけに、大学を卒業した若者たちがIT企業ではなく従来型の重厚長大産業に舞い戻ってしまった」と。

似たようなことは田原さんも言ってました。ライブドア事件の後、起業家や優秀な人はマスコミに出てこなくなった。目立つと叩かれるから露出しない。

孫さんも大人だからそう言いつつホリエモンの擁護はしていません。

「あの事件については詳しく知らないんです」

アップル社、スティーブ・ジョブズについての孫さんの説明は大前研一と似てます。

時価総額世界2位
アップルの売り上げの8割はハード
工場は持っていない。
ハードとソフトの設計・開発・デザイン・マーケティングだけ。
製造は台湾のフォックスコン社。

フォックスコン社は部品価格プラス5%で受注。
3%で中国人の人件費を払う。
2%が自社の利益。
アップルは売り上げの30%を取る。

GDPについての見解は独特。
中国のGDPが世界2位と言われるが利益率は低い。
議論がズレていると。


中国の経済はフローは大きいがストックが少ない。
自転車操業である。

日本政府もアナリストもGDPの論議しかしていない。利益率を増やすことでストックを増やせば企業としてR&Dに投資ができるし将来性も見える。

雇用を増やすといっても製造業の国内工場の稼働率を上げて一時的にフローを増やして安心しても意味はない。売上高は目立たなくても利益は上がるシステムを行政も考えるべきだということでしょう。



大前研一が中国で講演を行った時の報道です


YouTubeにこういう映像が出るとすぐに大前研一は中国の手先だとコメントする連中がいます。しかし多くの人は発言内容を聞いてません。説明があっても読んでなくてコメントを書いてます。

講演を見てからコメントを読むとよく分かります。もうちょっと考えてから書けよと。

最近は中国の手先と言われていますが20年前はアメリカの手先とよく書かれていました。マッキンゼー⇒グローバル企業の手先⇒日本の敵⇒売国奴という単純な図式。

実際には大前研一はマッキンゼー時代から毎年数回海外で講演をやっています。アメリカが一番多いですがロシア、ヨーロッパ、中近東などいろいろ。

コンサルティングを手がけたのはリー・クアン・ユー時代のシンガポール、マハティール時代のマレーシア、李登輝時代の台湾、最近は薄煕来の依頼で中国遼寧省の経済顧問。

何で日本国内で活動しないのかと聞けば、都知事選挙で青島幸男に負けたからだと言うでしょう。お呼びでないところにこだわっても仕方がない。金を出してでも呼んでくれるところで働く。

人材というのは将来性の見えない、閉塞感のあるところからは出て行ってしまうんでしょう。




北朝鮮の砲撃 中国はやる気なし


報道ステーションを見ていると北朝鮮がいきなりブチ込んできたように見えますが将軍様としては韓国が実弾演習していたからやったと言い訳しているみたいです。

中国は以前、リビア、イラン、イラクへの軍事的な輸出をするのに北朝鮮を死の商人として使っていたと。

確かイランで核保有、原発を開発しているというニュースが流れた時に北朝鮮の技術者が関わっていたというのを見たような気がします。同様のことがイラク、リビア、インドでもあったとか。

全部仕込んだのは中国?でも証拠をつかんで関係者を逮捕して拘束して絞り上げようとするとまたフジタの社員みたいに関係ないところでとばっちりを受ける人が出てくるんでしょうね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。