ROCK'N'ROLL
FC2カウンター

プロフィール

E'

Author:E'
FC2ブログへようこそ!

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

shinobi.jp

アクセスカウンタ

ブロとも一覧

アクセス解析

FC2アクセス解析

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北方領土問題 大前研一が前原だったらこうする


固有の領土というならアメリカはネイティブアメリカンに全部土地を返さないといけない。中国なんてそういう突っ込みを入れる価値もない。

ロシアが韓国と中国の会社に合弁で行きましょうと。大前研一が前原だったらその合弁を始めた会社は一切日本との交易を認めない。外交とはそういうものだ。

大連の会社が乗ってきているとロシアが言ったが大連市長および書記は「うちにはそういう人はいません」。大連にとってはロシアよりも遥かに日本の方が重要だから。

この話は過ぎたことではなくてこれから対処できること。大前さん、民主党にコンサルしてあげてくれないだろうか。枝野さんも一時は一新塾で講師をやって本にもなってる。縁はあるんです。

領土問題も経済人の目で見ると相手が何が欲しいか、足元を見ながら綱引きをして機を見てこっちの土俵に引きずり込んでひっくり返すこともできるはず。

メディアも民主党の悪口ばっかり言ってないで建設的な提案をして欲しいです。


大前研一オフィシャル情報誌 大前研一通信
大前研一通信縮刷版CD-ROM


スポンサーサイト
リモコンで雪下ろし

リモコンで雪下ろし、「危険軽減に」装置開発 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


 大雪の際、屋根に積もった雪を落とす装置を福井大工学研究科の福原輝幸教授と同科博士課程の寺崎寛章さんが開発した。


 「危険を軽減したい」として、できるだけ早期の実用化を目指している。


 屋根に取り付ける巻き取り式のステンレス板(厚さ約5ミリ)を連ねた装置。

屋根最上部に設置した巻き取り部分に収納している板を、リモコンで屋根に沿って軒先まで伸ばし、先端に組み込んだ電熱線の熱で雪を落とす仕組みで、50センチの積雪まで対応できる。

除雪時間は、傾斜15度で斜面の長さが3メートルの一般的な民家なら約1時間。


2011年2月13日03時07分 読売新聞)

先日、除雪作業 についての記事を書きました。


行政より先に大学が開発しているというのはいいですね。ニーズは昔からあったはずなのにいままで技術的な打開策がなかったのが不思議です。私が知らなかっただけかも知れませんが。


大学が新しい機械を開発したというのを見てNHKでやっているロボコンと慶応大学で開発された電気自動車エリイカを思い出しました。




2/10 更新 大前研一氏関連ホームページ、ブログ、ツイッター

大前研一 - Wikipedia


大前・アンド・アソシエーツ グループ


大前研一のニュースのポイント


大前研一「ニュースの視点」Blog


大前 研一氏:「産業突然死」の時代の人生論 / SAFETY JAPAN [大前 研一氏] / 日経BP社


大前研一の「産業突然死」時代の人生論 | 時評コラム | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉



大前研一のビジネススクール | アタッカーズ・ビジネススクール

ビジネス・ブレークスルー大学大学院|MBA取得可能な通信制専門職大学院


大前研一イノベーション講座 大前流『限界突破の発想法』


大前経営塾 / 日本企業の経営戦略コース



ビジネスマンに捧ぐ~ 英語学習に役立つ!PEGL事務局ブログ


BBTUブログ ~オンライン大学つくってます~



Bond-BBT MBA (bondbbtmba) on Twitter


大前研一 BOT (ohmaebot) on Twitter


大前研一オフィシャル情報誌 大前研一通信


大前研一通信縮刷版CD-ROM


行政は除雪作業に真剣に取り組む気があるのか?
各地で大雪被害深刻化/除雪作業中の事故も多発


降雪地帯の建設業者は除雪の仕事がなくなると仕事がないというのは気がつきませんでした。

建設業界にいたころ、降雪地帯の現場に行ったことはありますが確かにトラックで積荷が多いと危ないし現場の人もいろんな意味で同じ感覚だったはず。

北海道の建物は屋根に雪を溶かす設備があるというのは大前さん、ずっと前から言っています。コストがかかるなら税金を使って行政が補助するべき。

霞ヶ関でふんぞり返って陳情の書類を見て「何故これが必要なのか?」なんて威張ってる場合じゃない。

ここでも予算の使い道を決める権限を地方にゆだねるべきという結論になります。道州制です。

大前研一通信では何度も書かれていることです。


白熱教室JAPAN 慶応大学ビジネススクール 第1回 ▽どちらを選ぶ? 

白熱教室JAPAN 慶応大学ビジネススクール 第1回 ▽どちらを選ぶ? 
2/6 (日) 18:00 ~ 19:00 (60分)
NHK教育1・東京(Ch.2)


番組概要
今回から登場するのは、慶応大学ビジネススクールの白熱教室。ケースメソッドの日本の第一人者高木晴夫教授が学生達と現代のリーダー論を探っていく。


番組詳細
今回から登場するのは、慶應大学ビジネススクール。同校は、アメリカのハーバード・ビジネススクールをモデルに設立され、授業もハーバードにならい“ケースメソッド”という討論形式で行っている。


ケースメソッドの第一人者・高木晴夫教授の講義のテーマは、組織マネジメント。企業など組織は、どうすれば成果を生み出せるのか。実際に起こった事例を題材に、議論してゆく。第1回は「リーダー論」。


【講師】慶応義塾大学大学院教授…高木晴夫



以前、大前研一は週間ポストでマイケル・サンデルを取り上げていました。 哲学ブームが続くかどうかはサンデルを先頭とする学者の資質次第と理解しています。


白熱教室JAPANは初期の横浜市立大学が期待外れだったせいでそれ以降見ていませんが慶応なら期待できるかもしれません。



ハーバード白熱教室 DVDBOX




大前研一結婚40周年


結婚の話はほんの少し。メインは仕事に対する取り組み方の話になっています。

質問者がまだ結婚していなくて青い鳥を追いかけているように見えることに対するコメントです。

大前さんが結婚したのはMITの留学時代、オーケストラで隣で演奏していた奥さんの髪の毛が邪魔で声をかけたことがきっかけとか。

音楽では大前さんがクラリネット、奥さんが篠笛と国籍とは逆のテーマに取り組んでいます。

この動画は2/3に投稿されたものですが2/21は大前さんの誕生日です。またいろんなメッセージが来ることでしょう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。