ROCK'N'ROLL
FC2カウンター

プロフィール

E'

Author:E'
FC2ブログへようこそ!

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

shinobi.jp

アクセスカウンタ

ブロとも一覧

アクセス解析

FC2アクセス解析

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 村上春樹
2つの物語が交互に進みます。

「世界の終り」は「外の世界」から「街」に入ってきた主人公が自分が何者でなぜここにいるのかを模索し、記憶から消し去られた「本来の世界」を求めるもの。

「ハードボイルド・ワンダーランド」は情報戦争の社会で歯車として働く主人公が博士からの依頼に関わることで内面に変化を引き起こし現実の世界とは違う別の世界を意識が形成していく。

現実の不完全な世界を否定して完成された世界を求める。
完全な世界を内側に構築して自分の意志と反して肉体から離れて永遠の世界に埋没する。

物語の展開は主人公が意識しないうちに組織(国家?)の計画に組み込まれて人体実験のサンプルになる。
組織のプロジェクトとは本来はセキュリティのシステムを高度化するのが目的。
完全なるデータの暗号化を実現するために人間の深層意識をブラックボックスとして利用する。
その技術の延長線上で新しい意識の世界の構築を実現してしまう。
完全な世界とは博士の意図したものではなく主人公の考える理想を具体化したものらしい。
博士は主人公にそこに行けば失われたものがすべて得られるという。
しかし「世界の終り」で主人公は完全な世界を経験してからそこに欠けているものを理解する。
主人公の分身?である影は「本来の世界」に帰っていくが主人公は自分の作り出したその完全で永遠な世界の中で答えを見つける決意をする。


1985年の作品であり情報戦争を舞台にしていますが枝葉末節の表現にコンピューターの具体的な操作は描かず主題の説明のみにとどめていることで時間の経過による陳腐化を避けている。
反面、抽象的な説明に終始していて理屈はともかく作者の本意はどこにあるのかが分かりにくい。
海辺のカフカもそうですが村上春樹は親切に説明をしない作家で解釈は読者に任せる人なのでちょっと困る。

「世界の終り」は世界そのものが限定された空間にある完成された世界。
「ハードボイルド・ワンダーランド」は現実世界ではあるが主人公は自分の所属している「組織」の全貌は理解していない。
ベタな解釈ですが俺は世の中を理解してるよって思ってる現代人に対するメッセージとも言える。
あなたは自由と思ってるけど違うんじゃないのと。

博士の研修所ややみくろ、計算士、記号士という演出によって内面の変革を自分の意志で行うのではなく第三者が組織の目的のために行うということで平易な表現で描くことに成功している。

現象は意識が作り出している、すべての世界は認識によって成立しているというテーマは本来哲学的、宗教的なものですが村上氏のように近未来の社会を舞台に限りなくSF的な描写で完結させてしまったのは作家の力技としか言いようがありません。


ただ物語は完結してはいないし読者としてはこの後の主人公の変化や成長を見たい。
できればバック・トゥー・ザ・フューチャーみたいに長い時間を経て博士が主人公を助ける方法を発見して救出に成功してハッピーエンド。
ついでに孫娘や図書館の彼女とよろしくやって続編で話のスケールがでっかくなるとマトリックスになってエージェント・スミスと対決みたいになっちゃうと面白い。

・・・・発想がハリウッド的過ぎますか。
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://avanti.blog37.fc2.com/tb.php/119-3d0666a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。