ROCK'N'ROLL
FC2カウンター

プロフィール

E'

Author:E'
FC2ブログへようこそ!

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

shinobi.jp

アクセスカウンタ

ブロとも一覧

アクセス解析

FC2アクセス解析

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遥かなる水の音 第2回 村山由佳 小説すばる
あらすじ

タンジェに着いて運転手のザイード・アリが加わる。

彼はイスラム教徒でラマダン中。

最初のホテルはメディナのエル・ミンザ。

バロウズ、ギンズバーグ、ケルアックが集まったサロン。

モロッコ料理の説明はタジンとクスクスについて書かれてます。

一行はメディナ(旧市街)のスーク(市場)を歩く。

ボウルズがシェルタリング・スカイのラストを書いたカフェ・ハーファを訪れる。

次のホテルはタンジェのパレ・ジャメイ

一泊7-8万円。

ここで日本から連絡があり浩介はパリに一度戻ることになる


モロッコに入り、ラマダンの説明とメディナのスークの描写が続きます。

カフェ・ハーファも観光スポットのひとつ。

一般庶民の暮らしと豪華なホテルを使う人たちとはほぼ別世界でしょうが

文字表現だと豊かさの方はイマイチ想像がしづらいです。

写真での補足説明が欲しかった。

仕方がないから検索して見てますが確かにすごいホテルのようです。


スポンサーサイト

テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://avanti.blog37.fc2.com/tb.php/206-61b98172
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。