ROCK'N'ROLL
FC2カウンター

プロフィール

E'

Author:E'
FC2ブログへようこそ!

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

shinobi.jp

アクセスカウンタ

ブロとも一覧

アクセス解析

FC2アクセス解析

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遥かなる水の音 第5回 村山由佳 小説すばる
あらすじ

ワルザザードを出てティネリールのトドラ渓谷に着いた


グルメなキーワード

ル・グラン・ヴェフールのフォワグラのラヴィオリ

メゾン・ブランシュ

シェ・ジャヌーのプロヴァンス料理

ラルザスのアルザス料理

最後は観光名所は全く出てこない。

延々と砂漠が続く。

クルマを4WDに代えてエルフード、メルズーガに向かう。

緋沙子(サコ)は日暮れまでラマダンを続ける。


着いたホテルはオーベルジュ・カスバ・トンブクトゥ

語源は女性の名前、ブクトゥと井戸を表す「Tim」と合わさって

Tombouctou(ブクトゥの井戸)となった。

現在は危機遺産となっている。


仕事の話をしている緋沙子(ヒサコ)を見てジャン・クロードはうらやましい感情を持つ。

情熱を注げる仕事があることが人間を支えてくれるということを。

彼にはそういう仕事はない。

働かなくても食べていける者の不幸


ハールーンとの出会い(周が好きだった浩介とよく似ている男)

ベルベルの野営地に向かい、ハールーンからヒサコが周のことを聞く。

翌朝、砂漠で骨をまく。



村山さんの小説は結論やメッセージがあいまいなままで終わることが多いのですが

今回も特にメッセージ性は感じられません。

周がゲイであること、死者の存在を感じられることと

サハラでなければいけない必然性はない。

モンゴルでもアメリカでもよかった。

マディソン郡の橋みたいに川でもいい。

非日常を描く対象として作家の個人的なモチベーションのひとつが

砂漠だったという解釈になるでしょうか。

ラストのハールーンとヒサコの対話もよかったがどちらかというと

旅の前半の観光旅行の描写に興味を引かれました。



スポンサーサイト

テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://avanti.blog37.fc2.com/tb.php/209-d7e06623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。