ROCK'N'ROLL
FC2カウンター

プロフィール

E'

Author:E'
FC2ブログへようこそ!

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

shinobi.jp

アクセスカウンタ

ブロとも一覧

アクセス解析

FC2アクセス解析

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東欧チャンス 大前研一

この本ののテーマはハンガリー、チェコ、ポーランド。
拡大EUは北欧、バルト3国、中欧の加入を指します。
その中欧の2004年のレポートです。

ハンガリー

主要企業


マジャール・スズキ(スズキ自動車)
グラフィソフト(CADソフト)
GEハンガリー
サンヨー・ハンガリー(電池の製造)

人口比率からみて世界一ノーベル賞受賞者が多い
理数系に強い国民性
有名人は


エドワード・テラー(マンハッタン計画・水爆開発)
ジョーゼフ・ピュ-リッツァー(新聞王)
アンドリュー・グローブ(インテル)
ジョージ・ソロス

BPOにより間接業務のコストダウンを行う現場になっている
GEハンガリーが最も進んでいる
バックオフィス、コールセンター機能でドイツ、フランスの顧客の事務作業を行う


チェコスロバキア

海外からの投資誘致機関が優秀
ワンストップ・ショップを実現
チェコインベスト
累計960億ドルの投資を誘致
78000人の雇用を創出

日本企業の進出が多い
2004年9月時点で142社
矢崎総業・松下電器・トヨタ

主要企業
シュコダ(自動車)
フォルクスワーゲンの子会社化している

BPOの拠点としている企業
アクセンチュア、DHL


ポーランド

人口が多い(3900万人)
国土が広い(32.3万㎡)
失業率が高い(20%)

ポーランド投資庁(パイーズ)担当者によると若年失業者の割合は40%
しかし遊んでいるというよりも国内に雇用がないので語学を磨いて海外に出る人が多い。
組合の組織率は15%と高くない。
人件費も下がっている。
気候も言われているほど寒くはないと主張しているが実際は寒いそうです。

主要企業
フィアット
自動車のシェア
1位 フィアット
2位 シュコダ
3位 トヨタ

IT企業
コンピューターランド

ポーランド新聞社からインタビューを受けた。
ポーランド国民は注目して欲しい産業は自動車、IT関係だと考えている。

しかし貿易額からみると農産物が最も競争力、将来性があることがわかる。
ポーランド人はその自覚が薄いのではないか。

最大手がアニメックス(クラカス・ハム)
親会社はスミスフィールド・フーズ
日本企業は味の素のみ
2004年に住友商事がアニメックスと代理店契約


中欧経済を総括すると3国ともそれなりに将来性はあり、どこがいいとは言えない。
国は違うがアメリカの州の違い、あるいは日本の東京、名古屋、大阪くらいの違いしかない。
今後の流れは中欧から南東欧にEUの影響力は及ぶだろう。
その先がトルコでイスラム圏になる。


コスト競争力で中国があと8億人の地方人口を抱えているのに比べ人口的なボリュームは劣るが政治的な安定、語学力からくるコミュニケーション的な信頼関係は中欧の方が有利。


2004年の大前さんのテーマはBRICsとTVTがテーマだったそうです。
http://dic.yahoo.co.jp/tribute/2004/05/07/1.html



東欧チャンス



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://avanti.blog37.fc2.com/tb.php/262-be2740b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。