ROCK'N'ROLL
FC2カウンター

プロフィール

E'

Author:E'
FC2ブログへようこそ!

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

shinobi.jp

アクセスカウンタ

ブロとも一覧

アクセス解析

FC2アクセス解析

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネス新大陸の歩き方 第273回

企業経営「永遠の課題」=後継者育成の要諦は教育ではなく「昇進(キャリアパス)システムにあり」

ソフトバンクの孫正義社長は「次世代への事業継承」を会社にとっての最大のリスクはとした。
後継者育成のための機関として「ソフトバンクアカデミア」を設置した。
具体的には社外から選抜した300人のメンバーに孫社長が直接指導。
「孫正義2.0」を育てる。

ユニクロも経営幹部育成のための教育機関の設立を発表している。

欧米の従業員1万人のグローバル企業の場合
グループ企業に所属する将来有望な1000人のデータを管理している。
過去の職種、実績、評価から家族構成まで。

この中からさらに優秀な400人を幹部候補として選抜し、トップが毎年評価をする。
「給与、ボーナスの額」
「これからの1年であなたに期待する仕事は何か」


この結果、10人に絞りこまれる。
トップはこの作業に労働時間の20%を費やす。

10人から1人を選ぶ基準
1.海外勤務経験 

過去からの人脈のないところでゼロベースで立ち上げて結果を出せるか
2.two extreame(両極端)

将来有望な事業か撤退、整理が容易でない不採算事業を任せる

3.強いリーダーシップ 

新しい方向・価値観を示せる人物か


マッキンゼーのディレクター(取締役)を昇格させる時の判断基準

「Does he fill the room?」
部屋が彼によって充満するか
部屋の空気を変える人物か

あるいは
「Shapers and Shakers」
過去の延長戦上にない新しいものを形づくる
固定観念を揺さぶる

こうした資質を持っているかを問われる


この従業員1万人のグローバル企業は一見マッキンゼーのようにも見えますがあそこは社員数は公開されていません。ネットで見ると日本支社250人から300人。世界では6000人というデータがありました。


10/15の記事 ではGEも近いことをやっていいますが社員数が違います。wikipediaにはGEの社員数は30万人と書いてあります。


人材育成、登用の評価基準が海外経験とありますが以前、大前研一ライブでも近いことを言っていました。


ある経済誌の情報によると新興国に進出して成功している欧米企業のベスト10を見るとそれらの企業のトップの半分以上がGEかマッキンゼーの出身者だったとか。


大前研一がそれを評してマッキンゼーマフィアと言っていました。日本企業もそういうところに名前を連ねるようになって欲しいですね。




スポンサーサイト

この記事に対するコメント
1 ■無題
初コメントですがいつも読ませて頂いております。
後継者育成には教育より昇進システムですか・・・確かに資本主義経済ではそうですよね。いつもとても勉強になります。
【2010/10/17 17:45】 URL | カワベ(チケットカフェ) #79D/WHSg [ 編集]

2 ■勉強になります!
大前さん、新しい本を出しましたね。
新聞で見ました。

また、立ち寄ります。
【2010/10/18 16:04】 URL | 砂辺光次郎「人生成功塾」 #79D/WHSg [ 編集]

3 ■Re:無題
>カワベ(チケットカフェ)さん

教育というのは底上げをすることで全体のレベルを上げること。
昇進システムとは優秀な才能を早く見出して磨き上げること。
将来的には世界に通用するエリートを何人見出せるかということだと思います。

東大卒の学生を青田買いする競争ではなく世界のシステムを合法的に自社の傘下に収めてしまうビル・ゲイツやセルゲイ・ブリンを発掘することに投資をするべきだということでしょうね。
【2010/10/18 18:51】 URL | 大前研一研究 村松 #79D/WHSg [ 編集]

4 ■Re:勉強になります!
>砂辺光次郎「人生成功塾」さん

「新しい資本主義の論点」と「この国を出よ」ですね。
柳井さんとの共著は比較的読みやすそうです。
近いうちにレビューしたいと思います。

【2010/10/18 18:55】 URL | 大前研一研究 村松 #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://avanti.blog37.fc2.com/tb.php/292-e5b044c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。