ROCK'N'ROLL
FC2カウンター

プロフィール

E'

Author:E'
FC2ブログへようこそ!

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

shinobi.jp

アクセスカウンタ

ブロとも一覧

アクセス解析

FC2アクセス解析

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣諸島の日中の言い分 人間力の時代 第23回 SAPIO 11/10号

尖閣諸島についての日本側の言い分


1885年~10年間かけて調査

1895年1月に併合

1896年 古賀辰四郎氏に尖閣諸島4島を30年間無償で貸与。古賀家は鰹節や海鳥の剥製などの製造を行う。

1932年 有償で払い下げ。私有地とする。

1940年 鰹節工場閉鎖。以降は無人島。


1951年 サンフランシスコ条約によりアメリカの統治下に入る。

1972年 沖縄返還


中国政府と台湾政府が領有権を主張し始めたのは1970年以降。

1968年に国連アジア極東経済委員会が石油資源の埋蔵されている可能性があると発表したため。


中国側は「棚上げ論」を主張。

1978年に鄧小平が尖閣諸島問題は今の世代では解決を避けて棚上げしようと提案したため。


中国政府はこの問題は棚上げ、つまり保留しているだけで日本の領有は認めていない。
日本政府は1985年に非公開の閣議で領土として編入したが対外的には公表していない。

国際的には国土の領有権を主張するには実効支配を行い異論がないことを確認する手続きが必要だが自民党政権はそれを行って来なかった。



・・・続く


SAPIO (サピオ) 2010年 11/10号 [雑誌]




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://avanti.blog37.fc2.com/tb.php/298-bff01611
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。