ROCK'N'ROLL
FC2カウンター

プロフィール

E'

Author:E'
FC2ブログへようこそ!

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

shinobi.jp

アクセスカウンタ

ブロとも一覧

アクセス解析

FC2アクセス解析

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか 大前研一記者会見


大前研一が福島原発事故の総括をしています。

記者会見の映像では事故の最大の要因は電源の喪失であり今後の課題はそこであると述べているのみですがPDFの文面には膨大な情報があります。

本来これは東電がやるべきこと。政府にやれと言っても無理だろうから国際的な機関、世界から知恵を集めて今後の対策を練るべきものです。

大前研一はここまで情報を整理する作業を一個人、私企業の立場でボランティアで行い、その行動自体も極秘にやっていたというのは驚くべきこと。

大前研一の最近の発言では今後の原発の稼動は住民の合意は得られないからまず無理だろうと言っています。

その上で議論するならあえて再稼動ありきの立場に立ち、どういう条件を課せば国民と世界の信用を得られるかを検討すべきであると。

再稼動しないならば代替エネルギーがないと仮定して30%の節約をすべきであり経済成長が減速するのも受け入れる必要がある。

現実的に国民全体が受け止めるべき問題であり東電の誹謗をやってる場合でも政局をやってる場合でもない。

そろそろ真面目に考えようということですね。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://avanti.blog37.fc2.com/tb.php/356-6a3eee11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。